学校概要|学校目標

校長あいさつ

本校は、平成24年度に酒田市内の公立4校が統合し、今年度で開校6年目を迎えました。
東北・北海道の公立高校としては最大規模の学校であり、普通科、工業科、商業科、情報科の4大学科、8つの小学科を持つ全校で28クラス規模の学校であります。
酒田は古くから、西の堺、東の酒田と呼ばれ、日本海の北前舟を通じた交易によって、様々な文物をはじめとし、豊かな文化と人々の交流により大きな賑わいと繁栄をもたらしてきた湊町です。
現在も脈々と息づくこうした気性を受け継ぎ、本校は校訓「進取 創造」のもと、「一人ひとりが輝ける未来」を目指して、教育活動を展開しております。
「地域起点」をキーコンセプトとし、「公益」「環境」「国際化」「情報」をキーワードとして、総合選択制による新たな「まなび」ができる学校、スポーツ・文化活動の充実した学校、地域との連携や交流を推進する学校、変化する社会に対応できる人材の育成を目指す学校像としています。
地域に愛され、親しまれる学校を目指し、教職員が一体となって生徒を理解し、一人ひとりに行き届いた教育を通じて、温かな学校運営を行ってまいります。
今後とも地域の皆さまをはじめ、保護者や同窓会の方々から、本校に対しまして一層のご協力とご支援をお願いいたします。

酒田光陵高等学校 校長
鈴木 和仁

目指す学校像

      1.普通教育と専門教育を併せ持つ、学際的な教育を展開する高校
      2.特色ある教育活動を展開し、多様な進路希望を実現できる高校
      3.公益活動、自然環境の保護、及び国際化に取り組む高校
      4.地域と連携・交流し、地域社会の発展を担うリーダーを育成する高校
      5.スポーツ・文化活動の地域拠点校としての役割を担う高校

育てる生徒像

      1.豊かな心とたくましい体をもち、社会から信頼される人
      2.公益の心と高い志を持ち、自己実現を図る人
      3.高い専門性と実践力を身につけた、将来のスペシャリストとなる人
      4.自分が育った地域を大切に思い、地域を支えていく人

コメントは受け付けていません。