11月は ”進路行事” が続きました!

2学期もすっかり後半戦、『期末テスト』の文字がカレンダーに見え隠れする時期となりました。この11月は、1年次生にとって自分の進路を考えさせるための具体的な行事を、たっぷりと組み込みました。その内容をご紹介します。

 

■ 11/16(木)OB・OG講話

各科ごとの卒業生に来校いただき、進路を決めるときの理由、学習の状況、入社・入学後に感じたことなどを話していただきました。自分たちが所属する科の先輩達の話だけに、興味深く話を聞くことができました。

 

■ 11/22(水)進路講話 & 進路ガイダンス

◎講話1:八幡自動車商会代表取締役社長  池田 等氏  「働くことの意義~今はじめられる将来への準備~」

 

◎講話2:㈱ファンダフル キャリア教育グループ講師 Smile Dreamアドバイザー  荒生 多喜氏 「成長し向上し続ける進路の選択に向けて」


 

割り箸を使って 笑顔のトレーニング!

 

◎進路別分科会

約30の大学・短大・専門学校と、一般企業就職、公務員希望の各分野に別れてガイダンスを行いました。

外部の学校関係者の話を、少人数で直接聞けるとあって、各ブースともみな真剣に説明を聞いていました。

 

■11/24(金) 企業交流会

地元企業約40社においで頂きました。生徒は8~10名の班に別れ、5つの企業を30分ずつ回る形で、それぞれの企業の会社説明を中心にしながら、社会人としての心構えや、働き方までお聞きしました。

また、企業交流会の前には、「モシエノ大学」のトークセッションをお聞きしました。生徒諸君に近い年代の人たちのトークセッションに、公益学習室も盛り上がりました。

 

 

■11/24(金) 保護者対象「進路ガイダンス」

生徒対象に実施した”企業交流会”の流れで、夕方19時より、保護者の皆さまを対象にしたガイダンスを実施しました。悪天候の中ではありましたが、100名を超える保護者の皆さんにお集まりをいただきました。また、PTAの進路対策専門部の保護者の皆さんには、受付を手伝っていただきました。ありがとうございました。

 

◎進路講話:東北公益文科大学特任講師 小野 敦 氏     「若者の地元就職を考える」

 


これから10年、20年先の酒田・庄内の様子についての予測から始まり、庄内の現役高校生の動向、大学進学者の進路等について、具体的な数字をもとにしてお話をいただきました。後半は、地元企業の具体的な紹介がありました。

 

◎進路状況報告:進路指導部 小山 大央 先生     「平成29年度酒田光陵高校進路決定状況の報告」

本校の現3年生の進路状況について、リアルタイムなお話を聞くことができました。

 

 

生徒にとっては盛りだくさんな1ヶ月となりました。現在、自作の進路テキストを活用しながら、学んだことをまとめて整理をしているところです。ぜひ、ご家庭でも将来について話し合う機会を設けていただきたいと思います。

山形県立酒田光陵高等学校|Sakata Koryo High school. Yamagata
〒998-0015 山形県酒田市北千日堂前字松境7-3 TEL.0234-28-8833 / FAX.0234-28-8834